敏感肌だから妥協しないスキンケアの旅路

どの肌質もそうですが、特に敏感肌の場合、スキンケア選びは色々試して実際に自分の肌で試して相性を確認することが大切です。例えスキンケアジプシーとなっても諦めない探求の旅路へ・・
MENU

私の日々のお肌お手入れ方法

若く見られる私の美容方法

私は現在39歳ですが、今まで一度も歳を当てられたことがありません。

 

その理由を聞くと「お肌がすごく若いから」とのことでした。

 

そのためよくお手入れ方法を聞かれます。

 

私もなぜ周りからそのように言われるのか、考えた結果、

 

自分に合ったスキンケア商品を見つけられたことだと思えます。

 

また季節によって使い分けています。

 

今まで使ったスキンケア商品の大半は全国どこのドラッグストアでも購入できるもの。

 

ただ乾燥肌でもあり、敏感肌でもあるので相性の良いスキンケア商品に出会えずたくさんの商品を試しました。

 

その中でもヘチマを使った商品やアロエを使った商品。

 

この2商品は今まで使ったもので相性の良かったスキンケア商品です。

 

ヘチマコロンの化粧水及び乳液はさらっとした仕上がり。

 

ただ乾燥肌の私は、冬は少し潤いが足りません。

 

冬場はポーラのアヤナスクリームはとても潤います。

 

人によって効果の差はあると思いますが、やはり潤いがお肌には一番大切だと思います。

 

また日々の洗顔。

 

洗顔は毛穴の汚れをきちんと取り、お肌を綺麗にリセットすること。

 

こちらを怠ると吹き出物などのトラブルが出ますね。

 

 

ただ勘違いをしてしまいがちですがやはりよく泡立て、そしてお肌に負担をかけずによく洗顔することが大切です。

 

ゴシゴシ洗ったからといって毛穴の汚れが取れるわけではありません。

 

優しく正しく洗い、そして化粧水と乳液で仕上げること。

 

これはどんなに疲れていても必ずしています。

 

やむを得ない場合でも「拭くだけコットン」でメイクは必ず落として化粧水と乳液をたっぷり塗って寝ます。

 

毎日のことですのでこれは習慣づければ面倒なことはありません。

 

そんな私は20〜25歳と間違えられるお肌です。

 

このページの先頭へ